メニュー

骨粗しょう症

目次
  1. 骨粗しょう症
  2. 食事療法
  3. 運動療法
  4. 薬物療法

骨粗しょう症

骨のカルシウムが少なくなり、骨折しやすくなる病気が骨粗しょう症です。

骨粗しょう症は、骨に入ってくるカルシウムと出ていくカルシウムのバランスが負に傾いた状態です。年齢とともに骨を作る機能が低下し、溶ける骨が増えます。
特に女性の場合は、閉経後は急速に骨が弱くなっていきます。

国内には約1300万人の患者さんがいると推測されています。
高齢になるほどその頻度と程度が急激に上昇し、転倒や軽い動作、咳やくしゃみでも骨折を容易に起こすようになり、寝たきりの原因の4位を占めています。

健康寿命を延ばすためには、骨折を予防するために、骨粗しょう症を治療することが大切です。

骨粗しょう症が進むと、脊椎の骨が圧迫骨折を起こし、背中が丸くなることもあります。
ささいなケガや転倒した時に、手首や肋骨や大腿骨の付け根の骨折を起こしやすくなります。

女性は男性より骨粗しょう症になりやすいので、閉経前後や50歳を超えるころから、半年から1年ごとに定期的に骨密度を測ってご自身の骨の状態を把握する方がよいと思います。

骨粗しょう症を予防するためには、運動と食事療法が大切です。
1日に30分~60分程度ウォーキングするのが一番簡単で安全な運動です。
食事はカルシウムの多いものを心がけてください。

最近では、さまざまな骨粗しょう症治療薬が保険適応となっています。
内服薬であれば、1日1回、週1回、月1回などが選べ、さらに月1回の静脈注射、点滴、半年に1回の皮下注射など、患者さんの好みやライフスタイルに応じて選べるようになっています。

食事療法

骨粗しょう症を予防するためにも、治していくためにも、カルシウムとカルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含む食品をとることが大切です。

カルシウムは乳製品大豆製品小魚緑黄色野菜海草などに多く含まれています。

骨粗鬆症を含めた生活習慣病は、長年の食生活のかたよりが大きな原因となりますから、毎日の食事をバランスよくとることがすべての病気を予防する基本であることに変わりはありません。
しかし、栄養に注意している人でも、カルシウムの摂取だけがどうしても不足してしまうのが現状です。

厚生労働省の栄養調査によると、現代の日本人は、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン・ミネラルのすべての栄養素を十分にとっていますが、カルシウムだけは所要量に達していません。
いろいろな種類の食品をバランスよく、しっかり食べることを基本として、そのうえでカルシウムの摂取を意識して行うことが望まれます。
毎日の食事に、目安として牛乳1本分、豆腐なら半丁を加えてください。

運動療法

若いころに運動しなかった人や、長い間病気で寝込みがちだった人は、体格がきゃしゃになり、骨が弱く骨折しやすいことが知られています。
骨を丈夫にするためにはカルシウムをとることが大切ですが、それと同じくらい運動が大切になります。

それは、運動で骨に力がかかると、骨に弱いマイナスの電気が発生し、カルシウムを呼び寄せるからです。また、運動は骨の血流を良くし、骨をつくる細胞の働きを活発にします。
運動の効用はもうひとつあります。運動によって、体の筋肉が鍛えられると、転びにくくなり、骨折の防止にもつながります。

骨を強くするための運動は、散歩やゲートボールなどの趣味の範囲でじゅうぶんです。家事で毎日こまごまと動くことでも骨を強くできます。

大切なのは、毎日楽しみながら続けることです。

薬物療法

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME